サンノゼ州立大学iGateways 日本リエゾン

サンノゼ州立大学 iGateways 日本リエゾン

Admissions

入学案内

MBA 進学準備プログラム|MBA Preparation Program (MBAP)

入学条件

  • 大学を卒業して学士号を取得済であること
  • 大学の GPA (米国大学基準の4段階成績平均)が 2.8 相当以上であること
  • TOEFL iBT 71 以上もしくは IELTS 6.0 以上の英語力を有すること
  • 留学費用の財源を証明できること

上記英語力に達していない方は、先ずは ATP プログラムで英語力向上を目指すことをお奨めします。

開講時期

8月もしくは1月に入学、5月で修了します。夏学期(5~8月)は開講しません。詳しくは学期カレンダーを参照ください。

入学お申し込み手順

次に従ってお申し込みください。

  1. 【必ずお読みください】
  2. 「【+】 詳細を表示」をクリックして内容をご確認ください。全ての事項を理解し、それらに合意の上、出願準備を進めてください。

    1. 日本リエゾンのご利用について >>>
      1. 当事務局の利用は無料です。
      2. 当事務局が提供するサービスは、次に限定しております。
        • iGateways への入学希望者に対する学校案内と入学願書受付
        • 当事務局が入学願書を受理した入学予定者に対する入学までのサポート提供
      3. 当事務局の利用は、次に限ります。
        • 一般個人
        • 営利を目的とせずに学生を派遣する企業や学校法人など(留学斡旋業の方はご利用頂けません)
      4. 当事務局は対面相談(留学カウンセリングなど)を行っておりません。全てのお問い合わせは、メールでお受けします。
      5. 出願から入学までの全ての留学準備はメール・郵便・電話・FAX などの通信手段で進め、主な連絡手段はメールとします。
      6. 入学許可後の諸手続きは、渡航・入学準備サポートサイトを利用して進め、必要に応じて当事務局がサポート致します。これらのサポートは、当事務局が入学願書を受理した入学予定者に限り提供されます。
      7. 当事務局とその利用者は債権債務関係にありません。留学費用の支払いは、支払い先の規定に従って利用者が行います。また、その返還請求は利用者が支払い先に対して行うものとし、当事務局は金銭的責任、回収責任ならびに義務を負いません。
    2. iGateways 出願について >>>
      1. できる限り余裕のある出願を心掛け、遅くとも入学の3か月前までに出願してください。
        (入学希望者多数の場合は、予告なしに願書受付を早期終了させて頂くことがあります。)
      2. 出願料は、如何なる理由でも返金されません。
      3. 米国籍もしくは米国永住権をお持ちでない入学予定者は、適切なビザを取得してアメリカへ入国します。iGateways が発行する I-20 (入学許可証)は、アメリカ学生ビザ(F-1)申請を可能にしますが、ビザ発給を保証するものではありません。ビザ発給の是非は、ビザ申請審査を担当する米国領事の判断です。もしもビザ発給を拒否されてしまった場合は、ご入学頂けません。
      4. 新入生は、指定された期日までにアメリカ本校オフィスにて到着報告を行う義務を負い、それを果たさない場合は入学が取り消されます。
      5. セッション途中の入退学はできません。
      6. iGateways への入学は、サンノゼ州立大学の学部課程や大学院課程への入学を意味するものでも約束するものでもありません。
    3. MBA Preparation Program について >>>
      1. このプログラムは、北米のビジネス修士課程(MBA)へ入学することを目指すものであり、それを保証するものではありません。
      2. 学期あたり $200 の付加授業料(2014年8月現在)がかかります。
  3. 次の書類を揃えてください。
    1. 入学願書(日本リエゾン専用書式)
    2. Application Form[PDFダウンロード]

    3. 留学費用申告書
    4. Financial Statement[PDFダウンロード]

    5. 英文銀行残高証明書 >>>
    6. アメリカ国内での就労が厳しく制限される留学生が、授業料や生活費などの支払い能力を証明するためのものです。新入生の財政能力を入学審査時に確認することは、アメリカの法律によって留学生受入校に義務付けられています。

      留学費用を持ち合わせていること証明する文書として、英文残高証明書の提出をお願いしています。これは、預金口座をお持ちの金融機関に、作成依頼してご用意ください。最近30日以内に発行された原本が有効です。

      最低でも必要な残高は、1アカデミックイヤー(約9か月間)分の留学費用概算額相当以上です。残高不足の場合は入学は許可できませんので、為替レートの変動を考慮に入れて多少の余裕がある残高であることが望ましいです。

      残高 > (授業料 + 生活費など) ※留学費用概算額は費用概算ページを参照してください。

      もしも同伴する扶養家族(配偶者もしくは21才未満の子供)がいる場合は、同伴者の生活費も考慮しますので、日本リエゾンへお問い合わせください。

      残高証明書について

      • 当校指定の書式はありません。各金融機関の英文書式のものをご用意ください。
      • 口座名義人は留学生本人である必要はありません。他人名義の場合は、Financial Statement に該当事由を記入の上、名義人自署による費用負担同意署名が必要になります。
      • 残高合計が留学費用以上となれば、異なる金融機関の複数の口座でも構いません。
      • 最近30日以内に発行されたもの以外は無効です。
      • コピーは無効。
      • 残高の通貨は問いません。当校がアメリカドルに換算して判断します。
      • 評価額が変動する証券類は、残高としては認められません。
      • 第三者団体から奨学金の給付を受けたり、会社が留学費用を負担する場合は、残高証明書に代わる書類を提出して頂きます。これについては、日本リエゾンへお問い合わせください。
    7. パスポート顔写真面のコピー
      • 氏名と生年月日が確認できるページ・白黒可
      • 米国籍をお持ちの人は、米国パスポートのものをご用意ください。
      • 留学に同伴する家族(配偶者・子供)がいる場合は、同伴者のものもご用意ください。

      最終学歴(高校以上)である教育機関から発行を受けてください。ほとんどの教育機関が証明書類の英文発行が可能です。万一、英文発行が不可能であれば、日本リエゾンへご連絡ください。

      なお現在高校に在籍中で卒業後に AEI 入学を希望する方は、在籍中の高校から英文卒業見込証明書と英文成績証明書の発行を受けて、他の願書書類と一緒に日本リエゾンへ送付してください。

      [ 折り畳む ]

    8. 出願料($150・返金不可)
    9. Credit Card Authorization Form[PDFダウンロード]

      • お支払い方法はクレジットカードのみです。願書にクレジットカード欄がありますので、必要事項をご記入ください。
      • お支払い頂く出願料は、別のプログラム・セッション・学期へ振り替えることはできません。
    10. 英語力を証明するスコアリポートのコピー
      • TOEFL iBT 71 以上もしくは IELTS 6.0 以上のもの
      • 最近2年以内に受験したのもの
    [願書記入時のご案内]

    アメリカから日本への入学許可書類取り寄せ方法につきましては、荷物追跡が可能な国際宅配便をご選択頂きますことをお奨めします。エアメール(大学指定のバルク便)は配達遅延や不着が頻繁に発生しており、入学許可書類のお届けまで2か月要することがあります。

  4. 揃えたもの全てを日本リエゾンへ送付してください。
  5. 出願書類送付先

  6. 出願書類をアメリカ本校にて審査して、日本リエゾンより入学許可書(I-20)をお届け致します。

入学許可書お届けの目安: 出願書類受理の3~4週間後

入学許可書を入手後、ハウジング手配、航空券手配などの渡航手続きを渡航準備サポートサイトに従って各自が進めます。

業務案内

出願後の手順

  1. 入学許可書類のお届け
  2. 出願書類をアメリカ本校にて審査して、日本リエゾンより入学許可証(I-20)をお届けします。お届けに要する時間の目安は次の通りです。

    • 国際宅配便(有料)をご選択の場合: 出願書類受理の3~4週間後
    • エアメール(無料)をご選択の場合: 出願書類受理の6~8週間後
  3. 入学・渡航準備
  4. 入学許可証を入手後、ハウジング手配、アメリカ学生ビザ申請、航空券手配などの渡航手続きを渡航準備サポートサイトに従って各自が進めます。到着報告最終日までに現地入りできる様に準備します。到着報告を怠ると、入学取り消しになります。

ページの先頭へ戻る